レビトラの豆知識のご説明

レビトラとは
レビトラとは、バイアグラに継いで、2004年にドイツのバイエル社によって開発されてきた世界で第二位のED治療薬です。レビトラはバイアグラの欠点を改良しましたから、バイアグラと比べて、いろいろなメリットがあります。レビトラの有効成分としてのバルデナフィルは勃起不全に対する改善効果が期待できると言われています。

レビトラの効果と服用
レビトラの効果について、レビトラは勃起不全の改善のために、作られてきた薬です。レビトラに含まれているバルデナフィル成分は、勃起の必要なcGMPという物質の作用を妨げるホスホジエステラーゼの5型という酵素の働きを抑制することができます。それで、外部からの性的な刺激によって、自然な勃起を促し、勃起持続力を強める効果が目立ちます。

レビトラの服用は、性行為の約30分~1時間前に水またはぬるま湯で服用します。服用量なら、レビトラは5mg、10mg、20mgという三種類の規格があります。原則として、自分の症状や体質によって適切な規格を選びます。レビトラは強い即効性があり、服用してから、だいたい20分で効果が出ることができます。通常、レビトラ10mgの場合、効果の持続時間は4~5時間ほどで、レビトラ20mgの場合、8~10時間ほどに達することができます。

また、短時期の連続服用で副作用を引き起こさないように、1日の服用は1回で、次の服用は24時間以降で行ったほうがいいと考えられています。他には、レビトラを利用している間、硝酸剤やHIV治療薬、抗真菌薬、抗不整脈薬などのレビトラの併用禁忌薬を避けてください。もし、疑いがあったら、あるいは何かの変なことが起こったら、早めに医師と連絡してください。
tu18
レビトラとバイアグラの比較
レビトラはバイアグラに基づいて改良されたED治療薬ですが、それで、バイアグラと似ていることもあれば、違うところもあります。

成分比較
レビトラの有効成分は塩酸バルデナフィル水和物で、バイアグラの主成分はシルデナフィルクエン酸塩です。両方に含まれている成分によって、レビトラとバイアグラの副作用として、だいたい頭痛、動機、鼻づまりなどの症状があります。しかし、バイアグラに配合されているシルデナフィルクエン酸塩成分がもっと純粋で副作用もレビトラよりもっと強いと言われています。

効果比較
レビトラとバイアグラの作用機序はだいたい同じ、勃起を妨げるPDE5という酵素の働きを抑制することで、陰茎の海綿体への血流を増加させたり、勃起を促進したりする効果を実現します。また、シルデナフィルクエン酸塩に比べて、バルデナフィルは水に溶けやすい性質を持って、即効性がもっと強いです。

オススメ:ED治療薬販売|レビトラとジェネリック薬通販

レビトラ

シアリス

バイアグラ