レビトラはこんな方に勧めません

レビトラはED勃起機能障害を改善する薬として開発して以来ずっと人気を集めています。特にその優れた即効性、食事に受けにくい、または自然勃起の持続時間が長いなどのメリットで多くの男性を救いました。

レビトラはこんなにメリットがあることは勃起機能障害があった患者は誰でも服用できるとは言えません。例えば下記の患者です。

1.バイアグラの成分に対して過敏症の既往歴のある患者

2.硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の患者

3.心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者

4.重度の肝機能障害のある患者

5.低血圧の患者(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)又は 治療による管理がなされていない高血圧の患者(安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上)

6.脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヶ月以内にある患者

7.網膜色質変性症(進行性の夜盲症)と診断された患者

8.塩酸アミオダロン(経口剤)を投与中の患者

9.未成年の患者(ただし既婚者を除く)

それが上記の患者はレビトラの服用により、既に投薬している薬を反応し、場合によって死亡事故につながる可能性があるからです。また肝機能や心脳疾患がある患者なら、レビトラの投薬により脳梗塞や脳出血、心筋梗塞が発作可能性がありますため、こういう患者はレビトラの服用はご遠慮してください。